買取を依頼する方法

遺品整理は、故人の思い出の品を残し、不用品は処分することになりますが、不用品の中には買取をしてもらうことで、現金化できるものも存在します。ここでは、遺品整理後に買取を依頼する方法について紹介していきます。

出張買取

買取業者に直接自宅などに訪問してもらい、買取査定をしてもらう方法です。ちょうどスケジュールが空いている日時に来てもらえることができれば、最も効率の良い方法と言えるでしょう。

とはいえ、買取業者側の都合もありますので、必ずしも希望通りの日時に決まるとは限らないため、あらかじめ第1希望から第3希望までの日時を決めておくと良いかもしれません。

宅配による買取

買取業者に連絡をした後に、梱包用のダンボールが自宅などに届きます。買取をしてもらいたい品物をダンボールに詰めてフタをしてから、買取業者に送ります。その後は担当者による買取査定が行われ、指定の銀行口座に入金されるというのが一連の流れです。

事前に買取業者と査定のためのスケジュール調整をする必要が無いため、仕事などで忙しい方でも選択しやすい方法かもしれません。ただし、買取査定時の交渉ができないことと、搬送中の事故などで買取金額が下がる可能性もあります。

店頭での買取

リサイクルショップなどの買取業者のお店に品物を持ち込んで、その場で買取をしてもらう方法です。買取のためにある程度まとまった時間が作れる方に向いている方法です。買取価格の交渉もできることから、最も高額で買取をしてもらえる可能性があります。

一方で、店舗までの交通費が実費になることと、場合によっては何店舗も移動しなければならないという点もあります。