買取査定時の注意点

ここでは、遺品整理で出た不用品を買取業者に買取してもらう際の注意点を紹介していきます。

できるだけ高額で買取をしてもらうためには?

買取してもらう品物は、買取業者によって買取価格が変動します。そのため、まずは買取してもらう品物の種類を分けることから開始します。骨董品や貴金属など、買取査定をする人の目利きが特に重要になるものは、品物ごとの専門店に依頼することが大切です。

専門店といっても非常に多くの店舗がありますので、候補を3つほどに絞り、その中から最も高額で査定してくれるところで買取をしてもらうようにします。

身分証明書

店頭で買取をしてもらう際には、必ず運転免許証などの身分証明書を忘れないようにしてください。その場で身分が証明できない場合、買取をすることができないためです。身分証明書には、健康保険証やパスポートも使用できますが、本人の写真つきの方が信頼度が高くなる傾向があります。

相場を知っておく

買取の交渉をするためには、ある程度、その品物の相場を知っておくことも重要です。事前にオークションサイトなどで確認しておくと良いでしょう。

店頭買取は手間がかかる

店頭での買取は、価格交渉などができるメリットがありますが、品物によっては何店舗も移動することも考えられるため、そのための交通費や時間がかかります。

買取業者が近場でまとまっていれば良いのでしょうけど、離れた場所にあった場合、日を改めてもう一度ということもあるかもしれません。

店頭買取は、あらかじめ「手間がかかる」ということを覚悟した上で臨むようにした方が、後から「こんなはずじゃなかった…」となるのを防ぐことにつながります。